上棟式(建前)

さてさて、家つくりの儀式で地鎮祭の次は、
『上棟式』です。
建前とも言いますが、家の基礎ができたら
1日かけて、家の骨組みを作っていき、無事棟が上がったことを
喜びお祝いし、施主が職人さんをおもてなしすることだそうです。


昔は、おもちをまいたり、お菓子をまいたり
お酒ビールを飲んだり、料理レストランでおもてなしをしたりと
結構大変なイメージだったのですが・・・
最近は、上棟式自体を行わない人も増えているようです。

大手ホームメーカーだと、パネル工法だったり
コンクリートだったりと家のつくりもいろいろ変わってきてますし
施主と大工さんとのつながりも薄くなってるから
こういう儀式が簡素化されつつあるのかもしれませんね〜

私たち場合もかなり簡単に行いましたね(^^ゞ

工務店さんからも「ローコスト住宅なのに、ここにお金かけても・・・」
ということで、簡単に行う人が多いと聞いたので
他の人と同じような形でお願いしました。

休憩のお菓子や飲み物、お昼などは、現場監督さんにおまかせ
あとで、私たちに請求してもらう形にして、
施主は、最後の完成のときに来てくれれば良いということでした。
でも、気になるのでちょこちょこのぞきにいきましたよわーい(嬉しい顔)

朝早くから、クレーン車でどんどん運ばれていく柱。
たくさんの大工さんがお仕事してくれていました。
それにしてもひょこひょこ高いところを行く大工さんってば
すごいなぁ〜と関心しちゃいましたぴかぴか(新しい)

夕方4時ころには、終わるという話でしたが
結構伸びて、完成したのは、5時すぎてましたよ〜

できた2階にあがった施主と工務店の方、棟梁で
いろいろやってたみたいですが・・・
女の人は登っちゃいけないそうで、よくわかりませんもうやだ〜(悲しい顔)
とりあえず、施主から一言っていうのがあったようで
それは、ドキドキしたようですexclamation

工務店さんがほとんど用意してくれましたが、頼まれたものは、
<用意したもの>

洗った米

これだけ。

ただ・・・
私おばかなことを・・・
この!!
盛り塩にしたりするので、普通は、荒塩みたいなものを持ってくのに、
なんと食塩を渡してしまった私がく〜(落胆した顔)
山盛りにできなくて、工務店さんも苦労してたとか・・・
言ってよ〜(笑)
あとから、親に注意され、なんとお馬鹿なことをしてしまったと
顔から火がでるくらい、恥ずかしかったよ〜
やっぱり知らないって怖いですたらーっ(汗)
世間知らずな私の失敗談というか、笑い話です(^^ゞ

昔は上棟式に来てくれた方、みんなにご祝儀を渡していたようですが、
工務店さんのほうから、棟梁現場監督さんだけで良いと言われたので二人と
いろいろやってくれた工務店の方にご祝儀を1人1万円包みました。
他の大工さんたちには、ビール6缶とお寿司の折り詰めを用意して
最後に渡しました。
今は大工さんのほうも車車(セダン)で来るので、持って帰ったほうが良いみたいです。

うちの親は、昔の考え方なので、全員にご祝儀を包んだほうがと
最後まで言ってましたあせあせ(飛び散る汗)
でも、もうほとんど完成に近い家なんですが、
確かに、この上棟式の日だけ来てくれた大工さんが多くて
ほとんど、棟梁1人がコツコツ作ってくれていたので
全員にご祝儀じゃなくても良かったなぁ〜と今は思っています。

詳しくはこちらへ
AllAbout『建築の儀式ってなんですか?』

こんなのもありました(^^ゞ
桜井高級上棟セット(デラックス)

上棟式 紅白祝餅(餡入り)のし紙付き

上棟式 手ぬぐい

☆人気blogランキング☆
不動産&住まいのブログを探そう!!

【上棟式(建前)の最新記事】
posted by ホムホム at 17:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 上棟式(建前) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。